TOP

風俗でハッスルして良い汗かいたので私の風俗体験談をご覧ください。

気にするのはソープ嬢の方ですから

いつも他人に気を使ってしまうタイプの自分ですけど、ソープではあまり気を使わないようにしています。最低限の配慮だとか気配りもとても大切だとは思うんですけど、サービスをしてくれるのはあくまでもソープ嬢側なんです。あまりに自分側があれこれ気にしても、相手もかえって気を使ってしまうと思うんですよね。お客なのに申し訳ない…みたいな。
だから気を使うのであれば使いすぎるのではなく、本当にさり気ないレベルで使うくらいで十分なんじゃないかなって思いますけどね。あれこれ考えてしまうのも分からない話ではないんですけど、あまり気を使いすぎると快感が半減してしまう部分もあるんじゃないですかね。せっかく吉原のソープでサービスを受けているんです。あまり気にせずに、自分の好きなように時間を過ごした方が良いと思うので、気を使うのは女の子側だってことを忘れてはならないんじゃないかなって思いますよ(笑)
まぁ他人に気を使うのが好きって人もいるのでそういう人の場合は別ですが(笑)

突き詰めれば自分のため。それが吉原のソープ

ソープは女の子が自分にいろんなことをしてくれるサービスだって思われているじゃないですか。まぁそれは誤解ではないと思うんですけど、ただそれだけではないのも事実なんですよね。特に吉原のソープに通っているとはっきり分かります。
自分が思うにソープって男の感情のはけ口というか、自分自身でいろんな形で楽しめるものじゃないですか。そこに大きな魅力があるんですよ。なぜなら、女の子はいろいろなことをしてくれるとは思いますけど、自分のためだけにしてくれるんです。別に女の子が適当に何かをしているわけじゃないんです。あくまでもこちらありきというか、こちらの希望を叶えようとしてくれているってことを忘れてはならないんじゃないですかね。
つまり、言い換えれば自分がどれだけソープ嬢にしてもらえるのかが問われていると思うんです。物の言い方もそうですよね。「やれ」というよりも「お願いします」の方が断然相手の印象も違うと思うんですよ。だからソープ嬢にどんな形で伝えられるのか。そこがポイントですね。